スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竿燈祭り

こんばんは

最近眼鏡を変えたらのび太クンみたいだねと言われてへこんでる安孫子です

さてさて皆さんは秋田の竿燈祭りはご存知でしょうか?

稲穂に見立てた竿燈が夜空に揺らめき、五穀豊穣を祈願するお祭り

起源は江戸時代とされ、「根振り流し」「眠り流し」と呼ばれる睡魔払いのお盆行事だったという説が有力とされています。

昔は「夏になると暑さが厳しく、労働もきつく、つい眠くなる。その隙に病魔が忍び入り、眠り病に冒される」と考えられ、

その睡魔を退治するために眠り流し「竿燈」を行ったと伝えられています。

提灯(ちょうちん)には町内ごとに町紋が描かれており、そのデザインは帆船や馬などの生活に深くかかわる物や、

豊作や子宝を意味する縁起物であったりと様々ですが、

ろうそくが灯され浮かび上がるその絵柄はどれも味わい深いものです。

竿燈祭りは毎年8月3日から8月6日までの4日間開催され、ジェイウッドも今年からこの伝統のあるお祭りに参加させて

いただくことになりました

今回、この竿燈には四十間掘(シジュッケンボリ)町内会の方々にご協力をいただき、ジェイウッドの社名の入った提灯が

あがります

先日この竿燈の練習に参加してきました

IMG_2381.jpg
練習用の竿燈

計46個の提灯を吊るし、長さ12m、重さ50キロの竿燈を手のひら・額・肩・腰などにのせて操るわけですが

初めての体験だった私は両手で持ってバランスを取るのが精いっぱいでした

肩にも少しのせましたがバランスをとるのが非常に難しかったです。

町内のベテランの皆様達は竿燈が微動たりもせず、圧巻でした

本番までに練習を重ねて何とかこのひょろい体に鞭打って頑張りますので

皆さん、竿燈祭りでジェイウッドの提灯を見かけましたらご声援よろしくお願いいたします

IMG_2382.jpg
全身バキバキの筋肉痛&肩ずるむけ(笑)
コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。