スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

げんばれぽ~と!

つるき(菅原)です。
さてさて、早速ですが現場レポートはじめます!



奥州市;Y様邸

1y1.jpg   1y2.jpg

1y3.jpg   1y4.jpg

先日お引渡し致しました。
非常に特徴のある外観…。納まりの勉強に設計の最上と盛岡の下町を歩いたことをよく思い出します。
大工さんともイメトレ?を重ね、下見板の幅等色々と検証しました。
おかげさまで良い仕上がりになったと勝手に思っております。
Y様、これからもよろしくお願い申し上げます



花巻市;S様邸

2s1.jpg   2s2.jpg

S様邸、いよいよ明日の12日・13日と見学会の予定となっております。
こちらでのご紹介はほどほどに、ぜひ現地にてご確認頂ければと思います。



奥州市;S様邸

3s1.jpg   3s2.jpg

3s3.jpg   3s4.jpg

先日工事完了検査も合格を頂きました。
大屋根の特徴的なS様邸、まわりにもジェイウッドのお家が集まっており良い雰囲気の空間となっております。
天気のいい日には、ウッドデッキで休む時間がとても心地よかったり…。



盛岡市;O様邸

4o1.jpg   4o2.jpg

4o3.jpg   4o4.jpg

こちらもいよいよ完成間近となっております。
外部足場も無くなりO様邸の特徴ある外観もいよいよお披露目。
残りの工事は天候の合間を見て進めていこうと思っております。
O様、もう少々お待ちくださいませ。



金ヶ崎;S様邸

5s1_20140710195548277.jpg   5s2_201407101955496b5.jpg

5s3_20140710195551e33.jpg   5s4_201407101955521e6.jpg

お父様に仕上工事をお手伝い頂きましたS様邸。
とても優しいお父様で娘様への思いが伝わる雰囲気に感動しました…。
家造りは、職人ひとりひとりの思いが造り上げると思います。
どんなに腕が良くても、思いが無ければそもそも良い物は造れない。
そんな事を実感させられる今日この頃でした。



奥州市;O様邸

6o1.jpg   6o2.jpg

6o3.jpg   6o4.jpg

現在内部の仕上工事もほぼ完了し、器具取付へと進んでおります。
薪ストーブが家の中心にあるO様邸。
これからの生活もとても暖かく楽しそうな様子が伝わってまいります。



平泉町;S様邸

7s1.jpg   7s2.jpg

7s3.jpg   7s4.jpg

7s5.jpg   7s6.jpg

大工さんの工事もいよいよ終盤へと進んでおります。
ひとつひとつの材料に手を掛けるジェイウッドの家では大工さんの工事も少々長引きます。
ですがその分見た目だけではない良い物を提供できると信じて…。



奥州市;U様邸

8u1.jpg   8u2.jpg

8u3.jpg   8u4.jpg

大工工事もほぼ終了し、仕上げ工程へと進んでまいります。
まだ外部が仕上がっておりませんが外部の木や石材が仕上がる雰囲気を想像するだけで楽しみなU様邸。
これからも気を引き締めて進めてまいります。



北上市;O様邸

9o1_20140710195629441.jpg   9o2_20140710195630913.jpg

9o3_201407101956373d2.jpg   9o4_20140710195638d43.jpg

基礎工事が完了しました。
いよいよ今月中旬より建方工事へと進んでまいります。
業者様との打ち合わせも順調に進み準備を整えております。
さて…。頼むから晴れてくれ~~。



北上市;S様邸

10s1_20140710195640b0d.jpg   10s2_20140710195641bf8.jpg

10s3_2014071019564363e.jpg   10s4_20140710195649e9e.jpg

10s5_20140710195650319.jpg   10s6_2014071019565221d.jpg

天候にも恵まれ基礎工事も順調に進み、いよいよ建方へと進んでおります。
安全第一で進めてまいりますのでよろしくお願い致します。



花巻市;K様邸

11k1.jpg   11k2.jpg

先日地鎮祭を執り行いました。
地鎮祭後…。
時間があったので祭壇の台を少し調整したのですが大丈夫だったか今になって不安。
ながく使えると良いなぁと思いつつ。
天候を見ながら来週より基礎工事を進めてまいります。



最近親に言われた一言

「暇な時で良いから、うちの家も見てやってくれや」
「ああ、ごめん。」なんて言いながら。

そういえば
自分ちの事忘れたわけではないけどほっぽってた。

曾祖父が建てた家。

誰が建てたかも、
誰が設計したかも、そんな事正直わからない。

曾祖父、祖父、父、

と、みんな変わらず手を掛けて維持してきたこの家が好きで
そういえばそれがこの仕事をする切っ掛けだったと思い出した。

思い出せば父もよくこの家の好きなところしゃべってたような。

大工さんに聞いてみれば、そろそろ建替じゃないか?
なんて言う大工さんも居るけど、個人的にはどうにかして治して住みたい。
大して良い素材を使った家でもないし、別に特徴ある家でもない。

柱と土壁の隙間は空いていて冬はとても寒いけど、
その隙間から見える朝日の光が泣けるほどとてもきれいで。

冬は寒いから暖房の焚いた部屋に集まり。

夏はやたら風通りが良く、クーラーが無くても気持ちいい。
畳のごろ寝も捨てがたい。

今の住宅では欠陥とも言えるけど、そんなところまで好きな家。

それはそうとして
そう思われる家っていいなぁって思う。

ジェイウッドの家が皆様にとってそう思える家になればと願いながら。

それではまた次回。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。