スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久慈市民フィーバーだYO!(‘ j ’)/


こんにちは。経理部の鹿糠明弘です。


4月。
新しい年度が始まり、私としてもJ-woodに入社して丸1年が経ちました。
自分の担当する経理という仕事はもちろんの事、
J-woodを愛するお客様の為に、自分の役割を考えたり学んだりして
とても濃厚で充実した1年だったなと感じます。

2年目に入り、もっと学んでいろんな経験をして
これからがとても楽しみに思う今日この頃。




…そんな4月に入って楽しみにしている事が一つ増えまして。



私の生まれ育った土地、久慈市が
今、「キテる」のをご存じでしょうか?

朝の連続テレビドラマ『あまちゃん』が、今私の中で大ブームになってます!


hhh




ご覧になっている方も多いかと思いますが、
岩手県久慈市の北限の海女を題材にしたNHKの朝の連ドラ。

クドカン監督で、面白くテンポもよくて、ヒロインもかわいくて
何より、見慣れた町中の風景や、久慈の訛りがテレビに映し出されるのが
とっても嬉しくて堪りません!


去年の夏あたりから地元に住む友達からは
「食事に行ったお店にキョンキョンがいた」とか
「徹平くんが普通に歩いてた」とか聞こえてきていました。

ただならぬ雰囲気を感じていたのですが
実際にドラマが始まってみると、恥ずかしいくらい
久慈の「何もない感じ」と、キツい訛りが画面いっぱいに押し出されて
改めて地元・久慈市の良さを実感しています。


なにやら視聴率もいいらしく、週末ともなると
ロケ地の小袖海岸には、たくさんの観光客が訪れているとか。


近々、私の叔父がお祭りのシーンで映るとか映らないとか。
その辺の「地元民だからこその楽しみ」もあって
毎日、あまちゃんを2回以上は観ています。


これからの物語の展開と、久慈市のフィーバーぶりがとても楽しみです!\(‘ jj ’)/じぇじぇ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。