スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花巻まつりとミッキー

こんにちは。経理の鹿糠です。


先日、娘と二人で花巻祭りへ行ってきました。
お目当ては前々から噂となっておりました本物ミッキー達がやってくる
ディズニーパレードです。
花巻の土地に夢の国のパレードというこのミスマッチなイベントに
是非とも娘を連れて行ってやりたいという思いがありました。


「ねぇねぇ!ミッキー見に行かない!?」
と、三十路の父親が少年の瞳で、4歳の娘を誘ったところ


「ん~。でもねぇ プリキュアのほうがすきだしな~」とバッサリ。

正直なところ、うちの子は『着ぐるみ』が苦手なのです。
夢の国の住人をつかまえて着ぐるみと言い切ってしまうのも申し訳ないのですが。


ミッキーは好きなんですが、あくまでテレビの中の存在という解釈のようです。


ま、なんだかんだ言ったって、生のミッキーを見たら喜ばない子供はいません!
というので当日、かき氷を餌に花巻へ向け出発しました。


「今日、ディズニーランド行った人、ミッキー出張中で会えないんじゃない?」
なんて冗談を愛想笑いで受け流す娘を横に乗せ、花巻到着。


パレードの3時間前に着いて時間まで飽きさせないように
約束のかき氷で始まり、チョコバナナや唐揚げや風船まで買ってやり
大変な人混みの中、何とかミッキーの見えそうなポイントを確保!


お!賑やかな音が聞こえてきました。ミッキーがすぐそこまで来たようです!


自分は見えなくとも、娘を肩車して何とかミッキーに会わせてあげたいという
親心のみが今の活力です。

「娘よ!ミッキーに大きく手をふってやれ!」
そう思い娘を肩に乗せ、人混みをかき分けようとした時、

「イーイーイーイー!おりる!おりたい!」とジタバタ!?


4歳の娘は察したのでしょう。まさかの夢の国 途中下車!


人混みの間から見えるミッキーに男一人、手を振って来ました。



本当に夢のようなパレードが通り過ぎた後、娘は満面の笑みで

「よし!じゃあもう かえろっか?」


お父さんが行きたいっていうから付き合ってあげたというスタンスでしょうか?
娘がとても大きく成長したと実感した瞬間でした。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。