スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソウルフード

こんばんは

プランナーの佐藤です


今日は私の中で今や「ソウルフード」になりつつある「ジャジャ麺」について語らせて頂きます



私とジャジャ麺の出会いは、約3か月程前に遡ります


第一印象は可もなく不可もなくという感じで、正直なところ、只の「味噌のせうどん」と「タマゴスープ」くらいにしか感じず、実際に食べてみても「あぁ、こんな感じか」くらいにしか感じませんでした


しかしその数日後、私の中に、それまで感じたことがないような不思議な感情が芽生えました


「ジャジャ麺が食べたい」


それからははもう完全にジャジャの虜です

320x320_rect_8454228[1]


程よく水分を含んだ熱々の中太麺に、絶妙なボリュームで盛られた深い茶色の味噌

その味噌を、適量のお酢とラー油で崩しながら添えられた胡瓜と麺をあえる

そしていよいよ食する瞬間...すみません、今の私にはあの感動を言葉でお伝えする自信がありません



一口にジャジャ麺といってもお店によってさまざまな特色があります

中でも私は国道4号線沿いにある某飲食店の「ゴマの風味が効いたジャジャ麺」が大好きで、今では週に3回以上通うまでになりました



悲しいことがあって落ち込んでいる時、疲れている時...どんな時でもジャジャは私を笑顔にしてくれます


しかしそれ以上に、私たちがご提案しているJ-woodのナチュラルハウスはお客様を笑顔にすることができるお家です


私にとってのジャジャがお客様にとってのJ-woodであってほしい



以上、本日のブログは、そんなことを考えながら、今日もこの後ジャジャを食べに行く予定の佐藤がおおくりしました



それでは皆様、行ってまいります








コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。