スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬山雪上キャンプテント泊@鞍掛山

現場進捗レポート






【盛岡 F様邸】



あつし



F様邸が完成しました!
こちらでは今週の10日(土)・11日(日)に完成見学会が開催されます。
全体的に明るい雰囲気のつくりになっていますのでぜひお越しいただいて体感してみてください。





【北上 H様邸】



ほしな



仕上げ工程が大分進みました。
リビングのブリックタイルはH様邸の一番の顔となっている部分です。
こちらも今月後半の24日(土)・25日(日)に見学会を予定しておりますのでお楽しみに!






【紫波 F様邸】



ふくもと



大工工事がはじまり、下地工事~断熱吹き付け~内部造作と、着々と順調に進んでおります。
仕上げ工程に入りましたら塗り壁体験の予定を組みますので、楽しみに待っていてくださいね。




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


アメリカ研修に行く前の週末、盛岡では数週間にわたって最高気温がマイナスの日が続くという寒波真っ盛り。

そんななか、私は不定期な持病 ”山行きたい病” にかかってしまい、熱(意欲)も上がってボルテージは高熱。

「山行くよー!

とかみさんを引き連れ、岩手山は麓、鞍掛山の相の沢キャンプ場へ行ってきました。

そんな夫婦のキャンプの記録を今回はご覧下さい。


出発

キャンプ場に到着したのはすでに夕方4時。 まもなく日が暮れそうなので急いでテント場へ。
と言ってもあたり一面雪でまっさらなので何処でもいい感じです。
足が埋もれるのでスノーシュー(西洋カンジキ)履いて歩行です。



設営

雪上でテントを張るときは、設営箇所を何度も踏み固めて少しでも固い地盤を作るのが定石です。
テントは年末に買ったばっかり。 自慢のこいつは北欧スウェーデンのメーカー、ヒルバーグ製。
ちなみに日が落ちて外気温は-11℃です。 イヒッ。



飯

コンロを使って夕ご飯を作ります。山で作って食う山飯は格別。
ちょっと焦げた炊き立てのご飯と豚汁。 こんなんでもとっても美味しい。
でもやっぱりおかず欲しい…。(´・ω・`)
ちなみにテントの中は気温5℃、湿度80%と、まずまず温かいです。 意外と快適。



撤収

次の日、遅く起きて朝ごはんにチーズリゾットを作って食べてお昼寝後に撤収。
テントを畳んで帰ろうとしたら登山客の車がいっぱい。
うちらも登りたかったけど、普段の疲れを癒すので精一杯。

帰りに分れの近くにあるラーメン屋さんで食べて帰りました。


ということで、真冬にテントの中でこもっても死なないよ。 だいじょうぶ。


かみさんもすっかりキャンプにはまってくれて、今後も安心して登山用品を買うことができる たやま でした。(・∀・)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。