スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イシズエ

 ブログをご覧の皆様こんばんは。
 
 ここ何日かで急に寒くなり、今朝は雪も降ってきましたね。
 外出の際はコートなどを羽織って出かけないといけませんね。


 さて、先日ちょっと大人なお店に行って参りました。

 盛岡市西見前にあるノンクトンクという喫茶店です。
 
 ノンクトンクさんでは不定期の様ですが、コンサートも行っているようです。

 で、今回オジャマしたのも実はそのコンサートがあったので行ってみたわけなのです。

 店の雰囲気やオーナーさんの好みというところもあるのでしょうか、ジャズミュージシャンの演奏が多いみたいで、私がオジャマした時もジャズのコンサートでした。
 今回は家族で行ったのですが、妻がジャズを好きなものですから、私はついていったという感じでしょうか・・・



 店の様子↓
DSC_0454.jpg
DSC_0452.jpg

 
 面白いなと思ったのは写真にもありますが、テーブルの形でした。
 何かに見えませんか?
 ちょっと見えにくいかもしれませんが、グランドピアノの形を模しているのです。

 オーナーさんはたぶんに、すごくジャズがお好きなんでしょうね。

 ジャズは諸説あるようですが、アフリカ南部が発祥とされているようです。
 リズムなどは独特なものがありますね。
 例えば、裏拍 (タンタンタンタンという最初にリズムを取るのではなく、ンタンタンタンタという風にその裏でリズムをキープする事) などは良い例ですね。日本の音楽はほぼ表拍になっているので、リズムが取りやすいですね。

 某有名アーティストのPerfumeのポリリズムという曲の一部にも取り入れられている技法がありまして、ポリリズムと何回も繰り返すところなどは、まさにジャズの技術的な部分である曲名そのままのポリリズムが含まれてありますね。
 頭の拍をずらして繰り返すことにより微妙なズレを発生させるが、また同じところに戻ってくるという高度なテクなのです。

 現代に存在している音楽のルーツでもあり、また多種多様な方向性に今なお、発展を見せている音楽の源流を形つくったとも言えるでしょう。

 好きなアーティストの好きなアーティストを辿っていくと、何回かで必ずと言っていいくらいジャズミュージシャンにぶつかります。
 
 収集が付かなくなるので今日はこんなもんで終わりにします。
 こんなこと書いといてなんですが、私は本格的なジャズはまだ苦手で ノリのいいファンクなどを好みます。

 まだちょっと大人になりきれないH.菅原でした
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。